レディー

証券会社を比較する事で見える|投資信託で大事な知識

金融投資の種類

現金

金融投資といえば株式や為替相場などが一般的にイメージされますが、このほかのも商品先物や債権取引などもあります。債権取引は比較的、安全な金融投資で特に国債に関しては国家が発行しているため、多くの場合で元本割れするリスクはありませんが、為替相場の変動によっては収支がマイナスになるので世相を注視しましょう。

読んでみよう

お金を理解するゲーム

レディー

キャッシュフローゲームは、通常のボードゲームよりもはるかに難易度の高いゲームになっています。そのため、私生活におけるお金のやり取りが重要になってくるゲームなので、お金の大切さを理解するために便利なゲームとなっています。

読んでみよう

どちらで購入するべきか

グラフ

手数料が安い魅力

投資信託を購入できる証券会社は、大きく分けると2種類あります。その2種類とは、全国に支店を持つ大手の証券会社とネット証券会社です。それぞれ特徴は大きく異なっており、特徴をよく比較するようにしましょう。ほとんどの方におすすめできるのが、ネット証券会社です。ネット証券会社の魅力は、何と言っても手数料の安さにあります。投資信託を購入する際には、販売手数料と呼ばれる手数料が発生します。また、投資信託を保有している期間中は、信託報酬が常に発生します。この2つの手数料を抑えられるのが、ネット証券会社の大きな魅力です。利回りを高めることに繋がるため、より効率的に資産形成を行えます。ネット証券会社によっても特徴が大きく異なっているため、よく比較することが重要です。

安心感が魅力

ネット証券会社と比較すると、手数料が非常に高いのが大手の証券会社です。しかし、ネットでは不安を感じる方でも、安心して投資信託を購入できます。また、アナリストレポートが充実しているため、投資の勉強を行えるのは大きな魅力です。その他、窓口に訪れることで、いつでも相談できるのも安心できる材料です。高い手数料を支払っても安心感が欲しい方は、こちらを選ぶといいでしょう。ただし、やはり手数料には細心の注意を払うことが重要です。営業マンの言いなりに投資信託を購入すると、ただ単に手数料を支払う投資家になってしまいます。投資信託は購入する際に販売手数料がかかるため、手数料が大きく増加しています。大手だからと安心せずにきちんと比較することで、効率的に資産形成が行える証券会社を選ぶことができます。

個人投資家に有利な商品

コイン

国債は個人でも購入することが可能で、利回りが預金よりはやや高い分有利です。また、近年では証券会社で国債の購入者に様々な特典を付けることが行われています。国債の種類には固定型と変動型があり、変動型は物価によって金利が上昇する特徴があります。

読んでみよう