メンズ

証券会社を比較する事で見える|投資信託で大事な知識

金融投資の種類

現金

金融投資とは

金融投資は金融商品に資金を投じて、その利益を得るというものです。金融商品の種類としては、一般的には株式や為替、また商品先物などがあり、このほかにも債権である社債や国債があります。一般的に株式、為替、商品先物などはハイリスクとされますが、一方で債権に関してはローリスクとされます。債権に関しては企業や国家が資金を獲得するために債権を発行して多くの人から借金をするという性質のものだからです。このため信用度の高い債権は利回りが低いといったデメリットがありますが、元金が戻ってきますし安定して利益を得ることができます。反対に利回りが高いところはリスクが伴いますが、利回りが高いためリターンを多く得ることが可能です。

債権投資への注意点

債券投資はさまざまですが、その中でも安定しているのが国債です。国債は国家が発行している債権のことで、あらゆる国が発行しています。日本では長らくゼロ金利政策が続いており利回りは0%台ですし、アメリカも同様にゼロ金利政策によって0%台となっています。ドイツに至ってはマイナス金利を導入しているところもありますが、いずれの先進国の国債は元本割れのリスクがほとんどないため、預貯金の代わりに預けておく手段として広く使われています。一方で新興国の国債は利回りが高いのが魅力ですが、現地通貨への投資という側面もあるため為替相場の変動によっては収支がマイナスになる可能性もあります。特に経済成長が鈍化したり世界的な通貨危機が起こった場合には、国債が元本割れする場合もあるので世相をよく見ながら投資すると良いでしょう。